貯金箱

手数料無料が重要

現在キャッシング返済方法は、様々な方法から選択できるので便利です。しかし安易に提携ATMや銀行振込みで返済してしまうと、利息並みの手数料がかかってしまいます。そこで口座振替で返済すれば手数料は無料ですし、返済を忘れる心配はありません。

詳しく見る

婦人

カードローンとの違い

大阪市内でローン申し込みを検討している方、カードローンとフリーローンの違いですが、資金使途自由であることは同じであるものの、金利や借り入れすることができる回数、返済管理のしやすさなどに違いがあります。

詳しく見る

お金

住宅ローンを組む

住宅ローンは金融機関の中でも主力商品となっているものですが、そのひとつにフラット35があります。このローン商品は住宅金融支援機構と民間金融機関が共同で提供しているもので最長35年間の借入を固定金利で行うことができるメリットがあります。

詳しく見る

財布

スマホで返済

キャッシングの便利な返済方法として、インターネット返済があります。銀行振り込みでの返済と異なり、ネットバングでの返済であり、スマホやパソコンからいつでもリアルタイムで返済をすることができます。来店不要です。

詳しく見る

電卓

使い道は自由で金利が低い

大阪でフリーローンを申込みするなら、消費者金融よりも銀行の方が総量規制が適用されず年収の3分の1以上の金額も法律上は借入れ可能になります。また、消費者金融と比べると銀行の方が金利面で低く設定されています。

詳しく見る

金利動向が一定のローン

男性と女性

認識しておくべきポイント

フラット35は融資期間が最長35年の固定金利型の住宅ローン商品です。借入れ期間を通じて同じ利率が適用され、毎月の返済額が変動型ローンのように金利動向によって増減することが無く一定であるため、家計設計がしやすいというメリットがあります。日本では2000年以降、超低金利環境が継続しているため、金利が低いうちに利率を固定したいという人にニーズは高く、フラット35は住宅ローンの中でも最も人気が高い商品の一つとなっています。一方、固定金利型のフラット35を借り入れる際には幾つか留意すべき点もあります。まず第一にフラット35の金利は一度設定されたら借入れ期間中に見直される事はないので、超低金利環境が継続した場合には、変動タイプの住宅ローンを借り入れた場合に比べて利息の総支払額が高くなる可能性もあるという点です。固定型タイプの住宅ローンと変動型タイプの住宅ローンの金利差は縮小傾向にありますが、それでも0.5パーセントから1パーセントの差があります。住宅ローンは借入額自体が高額であることから、わずか1パーセントの差であっても例えば借入額が5000万円の場合、年間の利息支払額には50万円の差が生じます。そのため、フラット35を選択する際には将来の金利がどのように動くかをある程度考える必要があります。また第二の留意点は、フラット35は最長35年間の借入れが可能ですが、借入れ期間が長ければ長いほど適用金利は高くなる傾向があるという点です。