手数料無料が重要

貯金箱

無駄な出費を避けよう

キャッシングとは本来クレジットカードでお金を借りることを指しますが、最近はカードローンでお金を借りることも含まれます。またクレジットカードのキャッシングの返済方法は一括払いが一般的でしたが、今ではリボ払いでの返済が主流です。これらキャッシングは無利息期間を除き利息を支払うのが常識ですが、返済方法を誤るとその他手数料がかかってしまいます。例えば提携ATMで返済すると、取引1万円までは108円、1万円超えなら216円の手数料がかかってしまうのです。この手数料を支払うとせっかく低金利のキャッシングを選択していても水の泡となってしまいます。また返済方法を銀行振込みで行うと、さらに高額の振込み手数料がかかるのです。借入時の振込みキャッシングの手数料は無料ですが、返済時は300円〜400円の振込み手数料がかかります。それではどの返済方法が手数料がかからないのかと言えば口座振替です。毎月1回特定の日に自動的に銀行口座から引き落とされるので、返済を忘れないというメリットもあります。なお振替日は金融機関が指定する場合と、契約者が任意に設定できる場合があります。任意に設定できるなら、なるべく給料日の直後に設定するといいでしょう。これなら残高が不足することが少なく、引き落とせないという事態を避けられます。キャッシング利用で一番やってはならないことは返済が遅れることです。3ヶ月以上の延滞と、3ヶ月未満でも度々延滞すると、ブラックリストに入ってしまうので絶対に延滞すべきではありません。