住宅ローンを組む

お金

公的なローン

住宅ローンでは数千万円程度の融資を受けるため返済期間が長いローンです。返済期間が長いローンであるため審査基準も厳しく、また金利も他のローンと比べると低めに設定されていますが、低い金利であっても返済期間が長いためその利息の金額は極めて大きくなります。このさいに公的な住宅ローンとしてフラット35があります。フラット35は住宅金融支援機構と取扱い先の民間金融機関と共同で提供されている長期固定金利の住宅ローン商品のことです。フラット35の特徴は金利が固定されることで、最長借入期間が35年というもので、フラットは固定金利、35は最長返済期間を指しています。フラット35の利点としては、固定金利、返済期間が最長35年であるほか保証料不要で繰上返済手数料不要、条件を満たせば別荘といった住宅以外の建物の購入にも利用できる、団体信用生命保険の加入が強制ではないこと、他の住宅ローンとの併用が可能といったものがあります。もちろん欠点もあり、ひとつは技術基準適合住宅でなければ融資を受けることができず、融資事務手数料が必要ですし、最大融資が購入金額の90%であるため頭金が必要です。また団体信用保険に関しては加入者負担になります。フラット35を利用するさいの注意点としては団体信用保険の加入が強制ではないことで、費用も加入者が負担しなければならないことですが、それを除けば一般の住宅ローンを利用するよりも長期間にわたって固定の低金利で融資を受けることができます。